投信基準価格

投信基準価格とリターン(収益)

投信投資信託のリターン(収益)には、分配金と基準価額(基準価格とも呼ばれます)の値上がりが期待できます。

投資信託の分配金とは、投資信託が投資している債券や株式から得られた収益を決算時または定期的に運用成績に応じて投資家に還元するものです(無分配の投資信託もあります)。

投資信託のリターン(収益)を算出するときには、基準価額(基準価格)の変動に収益分配金を加えて計算します。

分配金以外にも投資信託に組み込まれている株や債権が値上がりすれば投資信託の基準価額が上昇し、換金すれば購入価格との差額がリターン(収益)となります。

投資信託を解約あるいは買い取り請求(売却)した場合や投資信託が償還された場合に、購入時よりも基準価額が上がっていれば、その差額がリターン(収益)となります。

一方、投資信託の基準価額は投資している株式や債券の価格変動に伴って日々変動しています。