投信基準価格

投信のリスクを考える

このように予想に反して投資信託の投信基準価額が値下がりして損をする可能性、債権価格の不確実さ、あるいは将来期待できるリターンの振れ幅、変動範囲をリスクと呼びます。

一般的には大きなリターンを期待するほど株式組み入れ比率が上がりますのでその結果としてリスクも大きくなり、損をする可能性も高くなるわけです。

もちろん膨大な利益を生む可能性もあります。
ハイリスクハイリターンと言われています。

逆にローリスクローリターンと言われるようにリスクを低く抑えると期待されるリターンも小さくなります。

株式を多く組み入れている投資信託では基準価額の変動が大きくリスクが大きいと言えます。

投資では小さなリスクで大きなリターンを期待できる商品はなく投資信託でも同じことが言えます。