投信基準価格

投信基準価格とリターン(収益)

投信投資信託のリターン(収益)には、分配金と基準価額(基準価格とも呼ばれます)の値上がりが期待できます。

投資信託の分配金とは、投資信託が投資している債券や株式から得られた収益を決算時または定期的に運用成績に応じて投資家に還元するものです(無分配の投資信託もあります)。

投資信託のリターン(収益)を算出するときには、基準価額(基準価格)の変動に収益分配金を加えて計算します。

分配金以外にも投資信託に組み込まれている株や債権が値上がりすれば投資信託の基準価額が上昇し、換金すれば購入価格との差額がリターン(収益)となります。

投資信託を解約あるいは買い取り請求(売却)した場合や投資信託が償還された場合に、購入時よりも基準価額が上がっていれば、その差額がリターン(収益)となります。

一方、投資信託の基準価額は投資している株式や債券の価格変動に伴って日々変動しています。

投信の種類とリターン(収益)

投信投資信託には預貯金では得られないリターン(収益)を期待できますが、予想に反して投資信託の基準価額が下がり損をする可能性もあります。

リターン(収益)はどのような資産をどのような割合で組み入れているかにより変ってきます。

投資信託の中でも値動きの激しい株式の組み入れ比率が高いものでは、大きなリターン(収益)を期待できる半面、値下がりする可能性も大きくなります。

MRFやMMF、公社債投資信託などでは元本割れでの値下がりする可能性はほとんどありませんが、リターン(収益)もほとんど期待できません。

株式投資信託では大きなリターンを期待できますが、予想に反して基準価額が値下がりする可能性も高くなります。

一般的に投資信託のリターンは、MRF・MMF、債権投資信託、REIT(不動産投資信託)、株式投資信託の順に高くなっていきます。

投信のリスクを考える

このように予想に反して投資信託の投信基準価額が値下がりして損をする可能性、債権価格の不確実さ、あるいは将来期待できるリターンの振れ幅、変動範囲をリスクと呼びます。

一般的には大きなリターンを期待するほど株式組み入れ比率が上がりますのでその結果としてリスクも大きくなり、損をする可能性も高くなるわけです。

もちろん膨大な利益を生む可能性もあります。
ハイリスクハイリターンと言われています。

逆にローリスクローリターンと言われるようにリスクを低く抑えると期待されるリターンも小さくなります。

株式を多く組み入れている投資信託では基準価額の変動が大きくリスクが大きいと言えます。

投資では小さなリスクで大きなリターンを期待できる商品はなく投資信託でも同じことが言えます。

投信の指標、RR分類

投資信託協会では投資信託(投信)のリスクとリターンの大きさの指標として5段階のRR分類というものを設定しています。

この5段階のPR分類では投資信託のリスク・リターンの小さいものから順に、RR1は安定重視型(ローリスクローリターン)、RR2は利回り追求型、RR3は値上がり益・利回り追求型、RR4は値上がり益追求型、RR5は積極値上がり追求型(ハイリスクハイリターン)に分類されています。

投資信託を購入する際のリスク・リターンの大小を知る基準にもなりますし、参考にもなります。

リスクとリターンをうまく組み合わせてバランスの良い投資を心がけ、人任せ、運用会社に全てを任せにせず、独自のポートフォリオを構築するのが良いでしょう。